BtoBプラットフォーム利用企業数<10分更新> 350,749社・764,637事業所・1,112,089

2018年度流通金額:8兆497億

Info Mart Corporation 株式会社インフォマート

ニュースリリース

請求書の授受を電子化した「BtoBプラットフォーム 請求書」
利用企業数が60,000社を突破! 
〜世の中のビジネススタイルを革新し、企業の生産性向上を追求〜

 株式会社インフォマート(東京都港区 代表取締役社長:村上勝照、以下「当社」)が提供する「BtoBプラットフォーム 請求書」が、2015年のサービス稼動開始から1年4ヶ月で利用企業数が60,000社を突破したことをお知らせいたします。

 当社は、「BtoBプラットフォーム 請求書」を2015年1月にサービス稼働開始し、企業間における請求書の授受を紙から電子化することで、請求書の受取・発行、双方の請求業務のコスト削減、時間短縮、生産性向上とペーパーレス化を推進してまいりました。2016年2月に利用企業数50,000社を突破しましたが、その後3ヶ月間で10,000社が増加し、この度、60,000社を突破しました。

【 60,000社突破の背景 】

 2017年4月予定の消費増税・軽減税率、2015年の税制改正による「電子帳簿保存法」改正等の影響により、企業の文書管理の電子化が加速する中、当社の「BtoBプラットフォーム 請求書」を利用することで、企業間における請求書の授受が電子化し、その利便性および効果から利用企業が拡大しました。 その代表的な特長は以下の通りです。


  •  ●当社ならではの「請求書受取モデル」
  •  「BtoBプラットフォーム 請求書」は、受取・発行両モデルを実装し、インターネットで取引先とつながることで、電子での請求書授受が可能になり、大きな時間短縮・コスト削減効果を実現しています。特に「請求書受取モデル」は、電子請求受取後、社内承認、会計自動仕訳、会計システム連携等により、月次決算早期化をサポートする、当社ならではの仕組みです。

  •  ●「請求書受取モデル」導入による、90%の時短効果、75%のコスト削減効果
  •  電子請求により、従来の「請求書郵送受取」「社内承認フロー」「会計仕訳入力」「請求書保管」等における時間短縮・人的コスト削減効果を実現しています。

  •  ●「請求書発行モデル」導入による、90%の時短効果、80%のコスト削減効果
  •  電子請求により、従来の「請求書作成」「印刷・封入・発送」「郵送コスト」「請求書保管」等における時間短縮、人的・郵送コスト削減効果を実現しています。

  •  ●73の販売管理・会計システムとのシステム連携による利便性の向上
  •  サービス開始1年4ヶ月にて、57社73の販売管理・会計システムとのシステム連携を実装し、ユーザーの入力に伴う、業務コスト削減・ヒューマンエラー防止に貢献しています。

【 今後の展望 】

 今後は、プラットフォームの機能追加ならびに、「請求書発行」「入金消込・督促機能」「郵送代行」を組み合わせたパッケージプランの提供等を予定しており、より便利にお使いいただけるサポート体制を強化してまいります。今後も、ユーザー利便性向上の徹底により、2016年内に10万社の利用を目指します。

【 「BtoBプラットフォーム 請求書」について 】

 請求書の受取・発行、双方の業務時間短縮、コスト削減、生産性向上が実現します。取引先が取引先を招待し、世の中の全員が使うことで社会全体のペーパーレス化によるECOが実現します。

BtoBプラットフォーム 請求書のメリット

【  会社概要  】(2016年3月末現在)

 会社名:株式会社インフォマート(東証一部:2492)
 代表者:代表取締役社長 村上勝照
 本社所在地:東京都港区芝大門1-16-3 芝大門116ビル
 設立:1998年2月13日
 資本金:32億1,251万円
 事業内容:BtoB(企業間電子商取引)プラットフォームの運営
 従業員数:381名
 URL:http://www.infomart.co.jp/

【 テレビ東京系列「モーニングサテライト」でTVCM放映中 】

 2016年4月に当社テレビCMをリニューアルしました。当社公式Facebookでもご覧になれます。

ページトップへ