BtoBプラットフォーム利用企業数<10分更新> 335,648社・740,405事業所・1,080,246

2018年度流通金額:8兆497億

Info Mart Corporation 株式会社インフォマート

ニュースリリース

〜CO2削減を推進する「ECO Mart」〜
2014年1月〜6月のECO実績を発表

ECOMART

 株式会社インフォマート(東京都港区 代表取締役社長:村上勝照、以下「当社」)が運営する「ECO Mart」の2014年1月〜6月「ECO実績」は、当社が提供する企業間電子商取引(BtoB)プラットフォームの利用増加により、A4紙伝票枚数約7,692万枚で杉の木約20万本分のCO2削減効果となり、「電子商取引はECOにつながる」エコ活動が順調に推移しています。

【「ECO Mart」 とは?】

 当社がフード業界、美容業界、医療業界向けに提供している企業間電子商取引(BtoB)プラットフォームは、企業間の取引を電子データで行うことの利便性によって利用企業が増加し、年間システム取引高が8,655億円(2013年)、利用企業数が35,772社、216,438事業所(2014年6月末現在)までに成長しました。

 企業間の日々の取引で、流通している膨大な紙媒体(見積書・納品書・請求書など)が、電子商取引の利用で電子データ化、ペーパレス化されることは、大きなCO2削減効果につながっていることから、当社は、2012年3月に「電子商取引はECOにつながる」ことを広く世間に普及し浸透することを目指し、「ECO Mart」のサイトをオープンしました。

 「ECO Mart」では、利用企業が当社システムの利用で実現する削減伝票枚数と、杉の木のCO2吸収量に換算したCO2削減効果の「ECO実績」の発表を通じて、「ECO Mart」の趣旨にご賛同いただいている利用企業様と共にエコ活動を推進してまいります。

【「ECO Mart」による「ECO実績」】

▼2014年1月〜6月の実績
削減できた伝票枚数 : 約7,692万枚
CO2削減量 : 約45万5,401Kg
杉の木換算 : 20万6,043本の月間吸収量に相当

▼2013年の実績
削減できた伝票枚数 : 約1億5,281万枚
CO2削減量 : 約90万4,659kg
杉の木換算 : 77万9,878本の月間吸収量に相当

「ECO Mart」による「ECO実績」

【 「Fun to share」に参加しています。】

 ECO Martは、「電子商取引の普及で低炭素社会へ」 というテーマで、環境省が運営する「Fun to share」に参加しています。

 今後もCO2削減実績を大きく伸ばし、低炭素社会の実現に貢献するため、利用企業の皆様とECO活動の輪を広げてまいります。

「Fun to share」に参加しています。


【 こちらもご参照ください 】

ページトップへ