BtoBプラットフォーム利用企業数<10分更新> 326,829社・725,858事業所・1,061,646

2018年度流通金額:8兆497億

Info Mart Corporation 株式会社インフォマート

ニュースリリース

〜 外食18,974店舗が利用する「ASP受発注システム」でついにスタート! 〜 
スマートフォンで発注〜棚卸まで日々の業務を大幅に効率化 
「 スマ for 店長 」 12月1日より提供開始

 株式会社インフォマート(東京都港区 代表取締役社長:村上勝照、以下「当社」)は、飲食店を経営する事業者向けに、日々の発注・検品・棚卸業務をスマートフォンによって効率化する新機能『スマ for 店長』のサービスを「ASP受発注システム」にて開始します。
 飲食業界でも普及率の高まるモバイル端末を駆使した新しい飲食店経営を実現します。

【概 要】

 当社の提供する「ASP受発注システム」は、主に外食チェーン店向けに日々の受発注から支払金額確定までWEBで総合管理するサービスで、電話・FAXによる発注をデータ発注に切り替えることで大幅なミス・トラブルの削減と業務の改善・効率化を実現します。2003年より提供を開始し、現在では外食874社、18,974店舗の企業に導入いただき、受発注流通金額5,620億円の業界最大級の実績を誇るまでに成長しています。

 現在、WEBを用いた業務スタイルは業界内においても主流になりつつあり、PCは欠かせないツールとなっていますが、在庫状況をチェックしての発注や納入商品の検品・棚卸など、冷蔵庫や棚を見ながら行う現場での業務が多いのが現状です。そこで、「いつでも・どこでも・簡単」にシステムを利用できるスマートフォンに対応したサービスを「ASP受発注システム」に搭載し、ユーザビリティをさらに向上させることを目的にサービスの開発に至りました。

 すでに「ASP受注・営業システム」では9月より先行し約800店舗の飲食店でご利用いただき(月取引高約6,800万円)、好評をいただいている発注・検品業務をスマートフォンで行えるサービス「モバイル発注機能」に棚卸の機能を加え、新たに「スマ for 店長」という名称で12月1日よりサービス提供を開始します。それに先立ち、10月27日より申込受付を開始いたしました。

 「スマ for 店長」を利用することで、店舗ではその場で在庫状況を見ながらの発注や取引先からの納品データを見ながらの正確な検品作業も可能になり、手間の削減やミスの防止に役立ちます。また、担当者が店舗にいなくても発注業務が行えることから、急な発注にも対応することができ発注漏れの軽減にもつながります。棚卸業務においては、仕入データと連動した棚卸機能をスマートフォンから利用できるようになるため、その場でのスピーディかつ正確な業務が実現します。

 最新の業務効率化ツールとして、今後もますます高まるスマートフォン需要に対応した当サービスを、業界に普及していくことを目指し事業の推進に一層力を入れて取り組みます。

【利用イメージ図】

【主な機能】

機能分類 機能名
発注機能 一括発注機能
棚(保管場所)発注機能
発注リスト設定機能
仕入管理機能 取引カレンダー
取引伝票一覧
伝票単位受領
WEBメール機能 WEBメール機能
棚卸機能 棚卸高入力処理
棚卸締め処理
本部機能 グループ切替機能
グループ連絡機能 グループ通知機能
回覧板機能 ※
対象機種 スマートフォン(iPhone、Android)
※ 有償機能

【画面イメージ図】



ページトップへ