BtoBプラットフォーム利用企業数<10分更新> 358,737社・778,582事業所・1,130,700

2018年度流通金額:8兆497億

Info Mart Corporation 株式会社インフォマート

ニュースリリース

〔冷食タイムス〕 インフォマート BtoBサイト「全国特産品Mart」開設 地域特産品の全国販売を支援 2011年07月19日発行/5面

 インフォマート(東京都、村上勝照社長)は食品・食材のBtoB(企業間)取り引きサイト「FOODS Info Mart」(利用企業2万3千社)のノウハウとネットワークを生かし、地域特産品と飲食・小売店間の取り引きを支援するサイト「全国特産品Mart」を立ち上げた。8月1日からサービス提供を開始する。新サービスに対する利用企業の関心は高く、事前告知したところ、約80社から既に賛同を得ているという。

 同社は「限られた地域で流通・消費されている優れた食品・食材を全国の飲食店や小売店につなぐことで、地域発のBtoBと、食を通じた地域活性化を目指し取り組む」としている。

 売り手企業にとって販売ルートが全国に広がるメリットがあり、BtoBの取り引きでロットもまとまる上、代金の回収は同社の決済代行システムで100%保証される。

 買い手企業にとっては、全国特産品の検索から取り引きまでを簡単・早期に行える利点が生まれ、食品・食材の他店との差別化により新規・既存の顧客確保にもつながる。また、複数の売り手企業から仕入れても支払い窓口は一本で済む。さらに、取り引き金額に応じてたまるポイントは代価に充当できる。

 売り手企業は初期費用10万円、月額ランニング費用として取り引き金額の5%を要する。買い手企業は初期費用が無料、月額ランニング費用は1年間無料のキャンペーン中。

【 こちらもご参照ください 】

ページトップへ