BtoBプラットフォーム利用企業数<10分更新> 350,749社・764,637事業所・1,112,089

2018年度流通金額:8兆497億

Info Mart Corporation 株式会社インフォマート

ニュースリリース

企業間商取引WEBシステム「MEDICAL Info Mart(メディカルインフォマート)」
医療業界に向け3月1日より開始!

 当社は、1998年より、国内フード業界の企業間商取引に特化したWEBシステム「FOODS Info Mart(フーズインフォマート)」の提供を開始し、現在2万社以上の業界ユーザーにご支持いただくまでに成長を遂げて参りました。

 この度、10年以上にわたり積み上げてきたシステム運用ノウハウをもとに、システム化のニーズが高い医療業界に特化した、新たな企業間商取引WEBシステム「MEDICAL Info Mart(メディカルインフォマート)」を構築し、新規事業展開を開始いたします。

 美容業界向けにはEC基盤「ビューティーインフォマート」を立ち上げる。卸会社には、ネット上でシャンプーやパーマ剤など商品の受注や営業を効率化できるシステムを提供。取引先を登録すると、商品カタログやメールマガジン、チラシなどを制作・配信できる。受発注や請求金額の通知などもできるほか、売り上げ分析などもできる。

■サービス誕生背景

 現在、医療業界において病院と医薬品卸企業間で受発注を行う際、紙で請求書や伝票等の管理を行っており、手作業による入力や確認・修正作業等のため、業務が煩雑になっているという現状があります。
 また、医薬品卸企業では、営業活動の大半を「チラシ等の紙を使った商品説明」、「商談中・移動中の電話問合せ」、「訪問による受注」が占めており、なかなか効率化が図れずにいるといった課題を抱えております。しかしながら、両者ともにこうした課題を把握していながらも、解決できずにいるという声を、多数頂戴しておりました。

 一方、上記の業務課題を解決するために自社システムを導入した医薬品卸企業においても、各取引先の病院が持つ基幹システムとの情報共有が図れないことから、導入の賛同が得られず、利用促進に時間が掛かってしまい、費用対効果がなかなか得られずにいることがヒアリングを行ってきた結果、明らかになりました。

 この様な受発注時における課題や、製(メーカー)・配(医薬品卸企業)・販(病院・薬局)という商流のあり方にフード業界との類似点が多いことから、当社が長年にわたり築きあげた実績や強みを最大限に発揮することで、医療業界においても“標準ビジネスツール”としてご利用いただくことが可能であると考え、「MEDICAL Info Mart」は誕生いたしました。

■イメージ

TOPページ画面
TOPページ画面
商品カタログ画面
商品カタログ画面
発注リスト画面
発注リスト画面

■「MEDICAL Info Mart」 システム概要

 「MEDICAL Info Mart」では病院に向けた(1)「MEDICAL Info Mart受発注システム」と、病院へ医薬品、医療・衛生用品等を販売する医薬品卸企業に向けた(2)「MEDICAL Info Mart受注・営業システム」の2つのシステム提供を開始いたします。

両システムともに共通するのが、取引に関わる情報を病院・医薬品卸企業間で共有(シェア)することで業務の簡素化・効率化を実現する事を目的にしております。

「MEDICAL Info Mart受発注システム」(病院向け)

<主な導入効果>

対象 病院
主な導入効果 複数の医薬品卸企業への発注を一本化できます。
取引の履歴(発注・納品・受領)がリアルタイムに把握できます。
「新商品の追加」や「不要品の削除」等、棚卸表のメンテナンスが楽に行えます。
本部で病院の仕入状況を管理・分析することができます。
電話・FAXの通信費、伝票回収の郵送コスト等の間接費を削減できます。

(2) 「MEDICAL Info Mart受注・営業システム」 (医薬品卸企業向け)

<イメージ>
「MEDICAL Info Mart受注・営業システム」(医薬品卸企業向け)

<主な導入効果>

対象 医薬品卸企業
主な導入効果 電話・FAX・訪問以外に、インターネットを活用した病院とのコミュニケーションがはかれます。
商品情報・キャンペーン情報をインターネットを使い効率よく案内することができます。
データで届く受注情報を基幹システム(販売管理)に取込、受注入力の手間を削減することができます。
取引先病院ごとの問合せを専用の掲示板を利用し、関係者全員で共有できます。
既存取引先の病院ごとに細かい営業が行えるため、より価値のあるサービス提供が実現できます。

■システム使用料

1.MEDICAL Info Mart 受発注システム (病院向け)
初期費用 病院数に応じて 300,000円〜1,000,000円
月額ランニング 費用 本部 18,000円 〔月額/税別〕
病院 1病院 1,300円〔月額/税別〕
※お取引先卸・ディーラー、メーカーには従量制によるシステム使用料がかかります。
   月間の受注金額に応じて利率が異なり、3%〜0.1%のシステム使用料で
   ご利用いただけます。
2.MEDICAL Info Mart 受注・営業システム (医薬品卸企業向け)
初期費用 300,000円 〔税別〕
月額ランニング費用
(従量制)
月間の受注金額に応じて利率が異なり、3%〜0.1%のシステム使用料でご利用いただけます。
※本システムを通じて受発注を行う病院は無料でシステムを利用できます。

■導入予定の業界と今後の展望

 現在、市場拡大が進む「ペット(動物)業界」における動物病院と医薬品卸企業間の受発注・営業支援ツールとして「MEDICAL Info Mart受注・営業システム」の導入準備を進めております。

 動物病院へ医薬品や備品等を販売している医薬品卸企業は、営業1人あたり約70件の病院を担当しており、日々の煩雑な受発注業務の効率化や、営業支援のためのツールを必要としていることから、当システム利用へのニーズの高さが伺えます。

 実際に当サービスの導入を進めております医薬品卸企業では、本サービスを受発注・営業支援ツールとして活用することで、取引先である動物病院にとっても「ビジネス・診療支援」となることを期待し、数千件ある全取引先へサービス利用促進を行っております。

 10年以上にわたり、フード業界において培ってきたノウハウをもとに、近年、特に高い成長率を示している医療業界という大規模な業界の発展に寄与すること、そして、「MEDICAL Info Mart」が全国の病院と医薬品卸企業の“標準ビジネスツール”として貢献できるよう普及・促進して参ります。

【 ホームページ アドレス 】

ページトップへ