BtoBプラットフォーム利用企業数<10分更新> 306,354社・690,982事業所・1,017,478

2018年度流通金額:8兆497億

Info Mart Corporation 株式会社インフォマート

ニュースリリース

〔日本食糧新聞〕 インフォマート 電子商取引と商談業務支援 システムを統合 2008年4月11日発行/ 5面:機械・IT

取引先発掘から商談まで一気に

 (株)インフォマート(東京都港区、03・3434・1147)は3日、同社がインターネット上に開設している「食品食材」「備品資材」の2つの電子商取引市場と、取引先間の商談業務を効率化するシステムをすべて統合した。これまで商品や業務ごとで切り分けてサービス提供をしてきたが、3つのシステムが統合されたことにより、新規取引先の発掘から既存取引先との商談業務までを一気通貫で行えるeマーケットプレイスが誕生したことになる。
 統合した新システムの名称は「ASP商談システム」。同社ではすでに07年、既存取引先間での商談をWeb上で行える仕組みとして、同じ名称のシステムの提供を始めている。電話やFAX、面談などで行ってきた一連の商談業務のうち、情報システムを通じて効率化できる作業や手順をWeb上で提供してきた。商談形態に合わせて取引先を分類できるので、商談の効率化が図れるほか、提案書や見積書などの標準化が促進されている。
 今回のシステム統合により、新規取引先との間でも商談に関する一連の業務をシステム上で行うことができるようになった。これにより、取引先が新規か既存かを問わず、新たな商品の発掘による売上げ拡大や仕入れ強化のほか、商談業務の効率化や見積書の標準化を通じた営業管理業務の経費削減を図ることが可能になった。

【 こちらもご参照ください 】

ページトップへ