BtoBプラットフォーム利用企業数<10分更新> 345,547社・755,928事業所・1,100,939

2018年度流通金額:8兆497億

Info Mart Corporation 株式会社インフォマート

ニュースリリース

昨今の食品偽装関連問題により需要が拡大  食品業界の安心・安全対策に取り組む、「ASP規格書システム」

 株式会社インフォマート(東京都港区 代表取締役社長:村上勝照)は、食の安全・安心への取り組みに対するシステムである「FOODS信頼ネット」の名称およびサービス内容を変更、2008年3月17日(月)より新たに「FOODS Info Mart ASP規格書システム」(以下、「ASP規格書システム」とする。)として運用を開始いたします。

【今回のシステム刷新の背景 】

 先般発生しました「中国食品(餃子)事件」や伝統企業による不祥事・食品表示偽装をはじめとする、食品に関する一連の事件や報道により、食品に対する一般消費者の不安・不信は、増幅されております。また、同時に食品業界企業への打撃も大きく、事件に関する対応に苦慮するところであります。これまで以上に、食の安心・安全に対する方向性や取り組みを明確にし、取り扱い食材の情報開示要求(アカウンタビリティ=説明責任)に対し、すみやかに対応することが求められております。
 当社が2005年4月よりスタートした「FOODS信頼ネット」は、商品の原材料や製造に関わる情報などが記載されている「商品規格書」(参考資料(1))をデータベース化し、取引先とデータ交換できるシステムであり、昨今の諸事件を受け、食関連業界の関心・需要が急激に高まっております。当社で独自に開催をしている「商品規格書に関するセミナー」についても、関心の高まりからか、満員御礼と非常に好評いただいております。
 そこで、この度利用企業様の抱える問題にさらに直結した、わかりやすい名称に改めることで、業界の標準化をさらに進めていくべく、「ASP規格書システム」という新たな名称のもと、システム刷新を行うこととなりました。

【「ASP規格書システム」とは 】

 食品業界における安心・安全の確認に不可欠な、商品規格書情報をデータベース化し、取引先とデータ交換できるシステム(トレーサビリティ)です。「ASP規格書システム」では、商品規格書標準フォーマットをご用意し、売り手企業より、商品規格書のデータ提出を実現するシステムとなります。買い手企業も、提出チェック機能などにより、提出管理をすることで、商品規格書データベース化をサポートします。(参考資料(2))
 サービス開始から約3年が経過しますが、現在の利用企業数は1,709社となり、順調に拡大を続けております。また現在登録されている商品規格書データは50,457アイテムを数えます。(2007年12月末)

■「ASP規格書システム」の特長

 [ 買い手企業におけるシステムメリット ] (外食・給食・スーパー・卸など)
・ 提出状況の進捗管理ができるので、商品規格書回収率が向上する
・ 記入漏れチェック機能によりミスが防止でき、商品規格書データ−ベースとしての質があがる
・ 売り手企業から、商品規格書がデータで提出されるので、商品規格書データ化業務の軽減
・ 商品規格書がデータベース化されているので、スピーディーな検索・閲覧が可能
・ 仕入商品・原料の商品規格書データベースの一元管理・情報共有ができる
・ 商品規格書データベースをCSVで出力できるので、他のシステムに転用できる
・ アレルギーや原材料・添加物・栄養成分情報など、商品規格書データの出力ができる

 [ 売り手企業におけるシステムメリット ] (メーカー・卸・商社など)
・ 自社商品規格書データベースの構築及び進捗管理ができる
・ 商品規格書のフォーマットを統一することで、標準化を図ることができる
・ 一度データベース化してしまえば、作成済みデータが複製・転用できる
・ 商品規格書データベースを社内で情報共有できる

■「ASP規格書システム」月額システム使用料

・買い手企業

サービスプラン 初期費用※ 月額使用料
取引先数50社以下 200,000円(税抜) 30,000円(税抜)
取引先数100社以下 500,000円(税抜)
取引先数150社以下 750,000円(税抜)
取引先数200社以下 1,000,000円(税抜)
取引先数200社以上 別途お見積もり
※専用マニュアル作成、取引先導入説明会サポート、本システムの初期設定などが含まれます。

・売り手企業

サービスプラン 初期費用 月額使用料
どちらかを選択 定額制 0円 5,000円(税抜)
従量制 0円 1,000円×提出可能数(1〜4品)

■「ASP規格書システム」に関するWebサイト

  • ASP規格書システム
  • 【主な活用事例 】

    ■外食企業 A社 「中国原産の商品のリストアップが5分で完了」

     導入前:80時間の作業 ⇒ 導入後:5分の作業
     商品規格書は、データ回収・管理しており、またシステムによる記入漏れ防止機能もあるため、精度の高い仕入商品規格書データベースを保有。そのため、「原産国」「原料原産国」が中国、の商品をリストアップするのに要した時間は、たったの5分。条件検索にて「中国」と入力して検索ボタンを押し、データダウンロードするのみでした。

    ■外食企業 B社 「お客様からの問い合わせに、1分で回答可能に」

     導入前:2日間の確認時間 ⇒ 導入後:1分間の確認時間
     システム導入前は、お客様からサポートセンターへ問い合わせが入る度に、商品規格書を保管している膨大なファイルの中から対象商品を見つけ出し、商品規格書より正確な情報を確認し回答していた。しかし、精度の高い仕入商品規格書データベース化が実現できたので、対象商品の規格書を検索・確認する時間は1分に短縮し、即時回答することが可能となりました。

    【今後の「ASP規格書システム」セミナー案内 】

    ■「餃子ショックセミナー」

     当社が専門とする仕入商品・仕入原料に関する管理項目・管理方法について、事例を交えてご案内するセミナーを随時開催しております。少しでも食品業界関係者のお役に立つ情報を提供して参ります。 [ 内容 ] 仕入商品の商品規格書情報管理についての3大ノウハウをご提供して参ります。

    [ 内容 ] 仕入商品の商品規格書情報管理についての3大ノウハウをご提供
         1. 代表的な商品規格書の管理項目について
         2. 代表的な商品規格書の管理方法について
         3. ≪事例紹介≫商品規格書情報の活用方法について

    [ 会場 ] 株式会社インフォマート セミナールーム
         (東京都港区芝大門1-6-6 CR芝大門ビル5F)
    [ 費用 ] 無料(事前登録制)
    [ 日時 ] 2/28(木) 満員御礼
         4/8(火)定員30名(定員になり次第締め切り)
         5/28(水) 定員30名(定員になり次第締め切り)

    ※詳細はこちら
    http://www.infomart.co.jp/corporate/seminar/fsn_seminar_3.asp?site=shinrai
    ※今回は、報道関係者様のセミナー参加・取材にも対応いたします。ご多忙のこととは存じますが、万障お繰り合わせの上、ご参加下さいますようお願い申し上げます。事前登録制ですので、事前にご一報をお願いいたします。

    <参考資料>

    (1)商品規格書とは
     取扱商品の仕様内容を確認するために、販売側企業が仕入側企業に提出する帳票。商品規格、商品特徴などの基本情報、原材料情報(アレルギー物質、遺伝子組み替え、使用添加物)、包装への表示情報、製造工程・品質情報などの情報が記入されています。
     仕様書の主な使用方法は、以下の通りです。
     1. 取扱開始前又は取扱中の仕様確認と情報提供
     2. 食品事故発生時の調査対象物
     3. 工場訪問時の点検資料

    (2)「ASP規格書システム」の仕組み

    「ASP規格書システム」の仕組

    【 こちらもご参照ください 】

    ページトップへ