攻めたい相手が分かる

業界チャネルの使い方

業界を理解する上での課題

  • 書籍などに掲載されている情報だと
    少々物足りない。

  • 調査会社の分厚い資料は、
    読むのに時間がかかり大変。

Point 1

業界レポートなら、短時間で業界通に

業界を知るための情報が誰でもパッと見で把握できる

Point 2

業界レポートなら、ピンポイント攻略が可能

攻めたい業界のKFS・経営課題・提案ポイントを理解できる

バリューチェーンにより内部環境を把握する。

業界内での企業の事業活動によって最終顧客に対する価値創造を行っている様を図式化したフレームワークです。業界における企業のポジショニングや、どのような付加価値を生んでいるか把握することができます。

また、次のSTEPとして、事業領域を川上/川下方向に発展(垂直統合)させたり、 M&Aなどにより同じ業界内で事業を拡大(水平統合)して競合優位点強化の検討を行うことができます。

5F分析により業界の成功の鍵を把握する。

5F=ファイブフォースとは、「新規参入の脅威」、「業界内の競争の度合い」、「代替品の脅威」、「買い手の交渉力」、「売り手の交渉力」の5つの要因(脅威)を表しています。5つの力が強いほど業界の収益は低く、魅力のない業界ということになります。

また、5F分析で各要因や要因間の関係を分析すれば、自社が優位に立てるポジションを見つけ出せるようになります。
5F分析のフレームワークでうまく解釈できない場合は、PESTなどのよりマクロ的な視点が有効です。

PEST分析により外部環境を把握する。

業界のビジネスは常に世の中全体の変化、つまり「マクロ環境(外部環境)」に大きく影響を受けます。PEST分析(Politics[政治]、Economy[経済]、Society[社会]、Technology[技術])は、自社を取り巻くマクロ環境が、現在または将来にどのような影響を与えるか、把握・予測するためのフレームワークです。

影響要因を自社の機会と脅威に分けて、バリューチェーンや相関図・業界地図と組み合わせることでSWOT分析に落とし込むこともできます。

相関図・業界地図によりセグメント別の競争環境を把握する。

業界チャネルの相関図・業界地図は、出資関係やビジネスモデルなどのセグメントに分けて図式化しています。
企業の業界内での立ち位置や、セグメント別の参入状況を把握することができます。

バリューチェーンと組み合わせることで成長企業の戦略も見ることができ、業界レポート内では一部を「主要プレイヤーの動向」で深掘りして解説しています。

業界レポートの主な機能

  • 業界を俯瞰で見る
  • コンテンツ量
  • 情報の鮮度
  • サマリ版
  • 移動中でも見られる

ご利用料金

1 ID
1 ID 6,000円(税抜)/月
3 ID以上
1 ID 5,000円(税抜)/月

※契約は年単位となります。